【犬と行ける公園】兵庫県立尼崎の森 中央緑地に行ってきたので辛口レビューします

兵庫県立尼崎の森 中央緑地

々いつもと違うお散歩をすることで、好奇心が満たされ、犬のメンタル安定に役立ちます。

そこで、車でお隣の尼崎市にある「兵庫県立尼崎の森中央緑地」に行ってきました。

正直、がっかりすることが多かったのですが、レビューしたいと思います。


【尼崎の森中央緑地 公園利用のルール】

は公園に行ったら、必ずルールを確認することにしています。

尼崎の森中央緑地の公園利用のルールは以下のとおりです。

公園内でしてはいけないこと

 

・植物の伐採、または採集など

 

・ペットの放し飼いなど

 

・鳥獣魚類の捕獲、または殺傷など

 

・園内でのたき火、バーベキューなど

 

・立入禁止区域内への立入りなど

それとは別に、園内には「リードの長さは3メートル以内で」と書かれていました。


【尼崎の森中央緑地のよかったこと】

は、実際に行ってみてよかったことをご紹介します。(行った日は2021年12月10日です。)

広々とした芝生

走る犬

芝生広場は、めっちゃ広い!

ロングリードや伸縮リードを使いたいところですが、リードは3メートルまで。。。

お子さん連れや犬が苦手な人への配慮も必要なので、仕方ないですね。

飼い主も犬と一緒に走るハメになりますが、それでも広い芝生って気持ちいいです。


森づくりエリアの散策

森づくりエリア

の緑地は、もともと製鉄工場があった場所を埋め立てて、森を作ろうというコンセプトで作られたもの。

森づくりエリアでは、都会にいながら森を楽しめる場所。

非日常的な散歩を楽しめます


犬連れの人が多い

交流する犬たち

連れの人が多いので、犬同士のあいさつをさせてもらったりも。


【尼崎の森中央緑地のがっかりしたこと】

芝生が汚い

生のあちこちに犬のウンチが放置されていて、残念。。

また、私が行った日には、オリーブオイルのようなものがところどころにたまっていて、犬がその周辺の草を食べてしまい、帰りの車内で吐いてしまいました。

せっかく広い芝生なのに、もう2度と来たくないな〜と思ってしまいました。

拾い食いのクセのある犬は、気をつけたほうがいいですね。


犬をノーリードにする飼い主

くのほうに、ノーリードで犬を連れた飼い主もいました。

飼い主がどんなに頑張ってしつけをしていたとしても、犬が苦手な人や小さい子供には脅威です。

みんなで気持ちよく利用したいですよね。。


周辺道路で大型トラックの路駐がひどい

園の周辺は工場が多いためか、大型トラックが何台も周辺道路に路駐していました。

反対車線にはみ出さないと進めないほどのところも。

なるべくならそんな道路は通りたくないですね。。。


【改善されないなら2度と行きたくない公園】

上のことから、せっかくの広い芝生も、がっかりポイントがひどすぎて、もう2度と行きたくないという気持ちのほうが大きいです。

森をつくるというコンセプトも、園内の雰囲気もステキなだけに、めちゃくちゃもったいない。

県にはぜひ改善してほしいな〜と思います。。

兵庫県立尼崎の森中央緑地 サイトはこちら