【体験談】育犬ノイローゼになった私が子犬を迎えて1週間で大変だと感じたこと

は不妊なので、今まで子育てをしたことがありません。

そんなわが家で子犬を飼うことになって、犬ではありますが、初めて子育てというものを体験することができました。

しかしながら、子犬を飼い始めて最初の1週間で「育児ノイローゼ」ならぬ「育犬ノイローゼ」に。

この記事では、そんな私のエピソードをご紹介します。

育犬ノイローゼになる原因と対策は下の記事でまとめています。

【子犬に疲れたら】育犬ノイローゼの原因と対策をご紹介します

【ワンオペ育犬のつらさを実感】

を飼うことも、赤ちゃんが生まれることも、もともとの生活に1人ないし1匹が加わるだけ・・・

そう思っていた私は、犬を飼い始めて180度変わってしまった日常に面食らってしまいました。

最初の数日は夫が休みだったので、2人で面倒を見られたからよかったものの、ワンオペになると家事がまったく進まない

家事が進まないから、自分の時間もない

今まで悠々自適の専業主婦ライフを送っていたのに、あっという間に犬中心の生活に変わっていました。


【私が育犬の大変さを感じたこと】

は、具体的にどんなことが大変だったか、まとめてみます。

トイレの始末が大変

犬はトイレの回数が多い。

ペットシーツにしてくれるならまだマシで、トイレを教えながら粗相も片付けなくちゃいけない。

掃除をし終わって、手を洗って戻ってきたら、またトイレをしている。

最悪なのは、ウンチを食い散らかして、あたりにばらまくこと。

最初の1ヶ月は、自作のサークルを使用していましたが、掃除がしづらくてすごく大変でした。

詳しくは下の記事に書いています。

自作サークル【失敗談】犬用サークルを自作した結果、噛む&トイレ掃除が大変で結局買い直すハメに。。

寝床としてサークルに入れていたクッションや毛布の上にも、容赦なくオシッコをする。

そのたびに洗濯もしなくちゃいけない。。。

家事も全部終わってないのに・・・。


サークルで暴れる

わただしく家事をする私を見るたびに、「かまってくれ」と言わんばかりに暴れる犬。

「運動不足だから暴れるのかな?」と思い、サークルから出してリビング中を走り回らせ、タオルの引っぱり遊びをし、コマンドの練習をし、とにかくつきっきりでお世話。

それでも、まだ暴れる。。。

しかも、朝も夜も関係なく。

犬に振り回されているように感じて、自分の思うように生活ができなくてイライラ。


甘噛みが痛い

んなにも尽くしてやってるのに、遊びながらどんどん興奮して、しまいには噛みついてくる犬。

叱るとさらにエスカレートするので、もうどうしたらいいかわからない。

愛情を注いでいるつもりなのに、通じてる気がしなくて、悲しくて泣けてくる。。

ネットには「無視がいい」なんて書いてあるけど、「じゃあトイレはどうするの?自分の暮らしはどうするの?」と困惑するばかり。

上のようなことで、次第に精神的に追い詰められてしまい、こんなはずじゃなかった・・・と思いたくはなかったけど、思ってしまいましたね。。

しかも犬を飼い始めて数日後に、犬が急に体調を崩してしまったんですよ。

詳しくは下の記事で書いてます。↓

【体験談】子犬をお迎えして2〜3日後に咳と下痢の体調不良にさせてしまった私が獣医さんに言われた「最初の1週間に気をつけること」

こういうこともあって、夜も眠れず、本当にメンタルがやられました。。。


【夫との意識のズレも】

には

「もっと気楽に考えればいいのに」

と言われたんですが、1日中お世話と家事に追われているのに、夫は仕事から帰ってきて、ただかわいい犬を見るだけ。

そんな夫にもイライラしてしまい、最終的に夫の前で大号泣。

私はいつから家政婦になった?

二人で飼おうって決めたのに、なんで私だけがこんなに大変なの?

・・・てな具合に。


【犬のために自分の生活習慣を変える】

「これではダメだ」と思い、自分のこだわりを捨てて、とりあえず犬との暮らしに慣れればいいや、と気持ちを切り替えました。

普段の食事は、手間のかからない料理にシフト。

夫にも家事の分担をお願いし、自分の負担を減らしました。

その間に犬のしつけの本を読み、犬にかまい過ぎないようにして、睡眠時間を確保。

そうして少しずつ、犬との生活に慣れていきました。

SNSを見ると、たくさんの人が育犬の大変さを感じていることがわかります。

正直、私もたくさん泣きましたし、すごく大変でした。

でも犬の成長は早いので、1週間単位で変わっていきます。

日記をつけておくと、冷静になれるのと、後々に成長がわかるのでおすすめです。

また、「犬とはこういう生き物だ」と知識を深めることも、育犬ノイローゼにならないためには大事なことです。

犬と一緒に、飼い主自身も学びながら、一緒に成長していけたらいいですね。