じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【子犬に投薬する方法】ボーロちゃんのおかげでうちの子は薬を飲むことができました

ボーロちゃん

だお迎えして1週間で、お腹を壊してしまったうちの犬。

病院から錠剤の薬を出されたんですが、どう飲ませていいかわからず困りました。

この記事では、その時の体験談と、うちの犬がうまくいった方法をご紹介します。


【病院ではごはんに混ぜるように言われた】

をもらった時に、病院のスタッフさんから

「薬をごはんに混ぜてあげるといいですよ」

と言われました。

その通りにしてみたら、警戒してごはんを食べなくなってしまいました…。

薬の味がふやかしのフードに溶け出して、苦い味がしたのかな〜。。。


【投薬補助のおやつは売り切れで買えなかった】

い味で飲めないなら・・・と、ホームセンターに行くも投薬用のおやつはまさかの売り切れ。

他のおやつも考えましたが、生後3ヶ月の子犬にあげていいおやつはそんなに種類がなく、代用できそうなものがない。

何も買えずに帰宅。。


【ボーロちゃん・ボーロちゃん・薬・ボーロちゃん作戦】

ボーロちゃんを食べる犬
この写真はもうちょっと大きくなってからのものです。

果、無理やり手で与えるしか方法がなくなってしまいました。

「苦くて飲んでくれなかったらどうしよう」という不安はぬぐいきれません。

そこで、うちの子が大好きな「ボーロちゃん」を食べている間に薬を口に入れ、苦味を感じる間もないくらいにボーロちゃんをすばやく口に入れてごまかす、という強硬手段をとることに。

……いざ。

心の中では

「お願い!薬飲んでね!ボーロおいしいよね!苦かったらごめんね!でも!飲んでね!」

と、かなり必死でした。

そんな心配をよそに、ボーロの合間に口に入れた薬をガリガリと噛み砕き、何事もなかったかのようにボーロを食べるうちの子。

あ?

なんか普通に食べたぞ?

心配して損したような。

↓その当時の動画がこちらです。

この時ばかりはうちの子が食いしん坊でよかったなと思いました。

その後も、ボーロちゃんのおかげで難なく投薬でき、無事お腹の調子もよくなりました。


【犬に薬を飲ませるコツ】

なみに、投薬の時に一番大切なことは、飼い主が平常心でいることです。

「大丈夫かな〜」

「苦くないかな〜」

などと、飼い主が不安に思う気持ちは、犬に伝わり、余計に犬を緊張させてしまうことになります。

投薬する時は、素知らぬ顔で、無言で淡々と。

それが薬を飲ませるコツ。

ボーロちゃん作戦がうまくいったのは、ボーロちゃんに絶大な信頼を寄せていたからかもしれません。笑

犬の扱いに慣れ、しつけができてくると、おやつがなくても投薬できるようになりますが、それまでは飼い主も経験を増やしていくしかないですね。


【飼い主としてレベルアップしていこう】

にも慣れてない時に投薬だなんて、本当に不安でしかありませんでした。

でも、飼い主としてできることがまた1つ増えて、レベルアップできたような気がします。

今後は、投薬が必要になる状況にならないように、体調管理もしっかりしてやりたいと思います。

ボーロちゃんありがとう!!!