【犬を飼ったら大変だったこと】犬を飼い始めたら手荒れがつらくなった

を飼ったら、想像以上に大変だった・・・という話はよくありますよね。

トイレのそそうに、噛みグセ、吠えグセなどなど。

そういうよくあること以外に、私が地味につらかったのが「手荒れ」です。

けっこう盲点だと思うので、私の体験談を書いておきたいと思います。


【犬を飼い始めたら手洗いの回数が激増した】

を飼う前からコロナ禍だったので、1日に何回も手を洗うような生活をしていました。

私は専業主婦なので、炊事・洗濯・掃除のたびに手を洗い、ハンドクリームなしでは手荒れしてしまって、ひどい時にはスマホのスワイプもつらくなるほど。

それなのに、犬を飼い始めたら手を洗う回数がもっと増えてしまいました。

特に生後4〜5ヶ月の頃は、トイレの回数も多くて、手を洗った直後にまたトイレ・・・なんてことも。

さらには甘噛みも多い時期で、手荒れに加えて、小傷もたくさん。泣

スーパーで塗り込むアルコール消毒が痛いのなんの。。。

爪が弱い私は、爪もボロボロになりました。

ついには、夫まで手荒れするように。

そんなこととはつゆ知らず噛みついてくる犬。

【ゴム手袋&ハンドミルク&ハンドクリームで対策】

らい手荒れを緩和するために、家事をする時はゴム手袋を使うことにしました。

また、夜寝る前には集中保湿のハンドクリームを塗るようにしました。

手洗い後には、犬がなめてもなるべく影響がないように、濡れた手に塗って洗い流すタイプのハンドミルクを使っています。

このハンドミルクは、無香料で、手になじみやすく、使用後はベタベタしないので、夫も気に入って使っています。


【成長するにつれて少しずつ楽になる】

が生後6ヶ月を迎えた頃には、トイレの回数が減ってきて、手荒れも落ち着いてきました。

歯が生え変わってからは甘噛みすることも減ってきたし、犬が成長するにつれて少しずつ私も生活のペースを取り戻しつつあります。

犬を飼ったら手荒れがひどくなるなんて思ってもみなかったけど、やっぱり生活のいろんな部分に大変なことが出てくるもんだな〜と改めて思いました。

今までハンドクリームを使い切ったことなかったのになぁ。苦笑

でも、大変さを乗り越えるたびに、愛情が深まっていくのを感じています。

これが犬を育てるってことなんですね、なんか幸せだ〜。

これからもいろいろ大変なことがあると思いますが、少しずつ乗り越えて、立派な母ちゃんになりたいと思います。