【私の口コミ】ドギーマンの木のおもちゃ「かみたい放題」はかみたい放題にさせちゃダメ。

ちの子は、生後3ヶ月の終わり頃にうちに来ました。

家に慣れたと思ったら、すぐに甘噛みが始まり、どうにか噛みたい欲求を満たそうと、近所のスーパーで売っていたドギーマンの「かみたい放題」をあげてみました。

この記事で詳しくレビューをご紹介します。


【うちの子のお気に入りに】

ちの子にあげてみると、投げ飛ばしたり、転がしたり、大はしゃぎ。

遊びに飽きたら、カミカミタイム。

同じような形のゴムのおもちゃもあげてみたんですが、ゴムは全然遊んでくれなくて困ってました。

おかげで、ストレス発散になったのか、手をかまれる回数は少し減ったような気がします。

ちなみに、カミカミしている時は木くずで部屋が散らかります。。


【注意:与えっぱなしだと食べちゃいます】

犬が気に入ってくれたようなので、楽チンだし、このままかじらせておこう・・・

そのように与えっぱなしにしてしまったのが間違いでした。。

ウンチに木くずが混じるようになったんです。

噛んで遊ぶだけだと思ったら、食べてしまっていました。

ドギーマン かみたい放題 犬が食べる

「自然界なら木をかじることだってあるでしょ・・・」

最初はそんな風に思って深刻に考えていませんでした。

しかし、その後、軟便が続き、動物病院にも行きましたが、はっきりとした原因はわかりませんでした。(結論からいえば、フードの量を見誤って多めにあげてたのが原因でしたが・・・)

その時に、胃腸を傷つけている可能性を考え、与えっぱなしにするのはダメだったんだと反省しました。

誤食・誤飲は、1つ1つは小さいものでも、内臓に蓄積して腸閉塞など命に関わる場合もあります。

その後は、ちぎれそうなところは先にちぎったり、食べそうな時は阻止したりするなど、注意しながら与えていましたが、やっぱりすべては防ぎきれない。

ある程度の使用感が出てきたら、新しいものに取り替えないといけないですね。


【木のおもちゃは与えっぱなしにしないのが鉄則】

は飽きっぽい動物です。

最初は転がして遊んでいても、飽きると座り込んでかじり始めてしまうんですね。

木のおもちゃは特に、だんだんとちぎれていくのがおもしろくて、ほおっておくと上の写真みたいになります。汗

また、それを許していると、エスカレートしていろんな家具をかじるようになります。(経験談)

なので、かじり始めたらそのおもちゃを取り上げ、別のおもちゃを与えるか、遊びを終わらせるなど、1つのおもちゃを破れるまでかじらせないことが大事です。


【おもちゃのバリエーションの1つとしてはアリ】

上のように、ドギーマンの「かみたい放題」は名前の通り「かみたい放題」にさせるのはよくないですが、犬のおもちゃとしては安くて、バリエーションの1つにするにはすごくいい商品だと思います。

サイズはミニ・S・M・Lの4種類あるので、いろんな犬種のワンちゃんに対応しています。

与え方に気をつけて、ワンちゃんとの楽しい暮らしにつながりますように。