【犬の散歩】私が散歩中のにおい嗅ぎ(クン活)をさせるのをやめた理由

「犬にも気分転換が必要なので、散歩では時々におい嗅ぎをさせてあげましょう」

ネット上にはそんな言葉がたくさん載っています。

私自身は、生後6ヶ月までは自由にさせていました。

ですが、その間にさまざまな弊害を感じたことと、生後7ヶ月を過ぎて問題行動が増えたことなどから、犬に散歩中のにおい嗅ぎをさせるのをやめました。

具体的な理由をこの記事でご紹介します。


【私が犬ににおい嗅ぎをさせない理由】

1. 拾い食いをさせないため

路には、タバコ、お菓子の袋、マスクなどが、公園には、放置された糞、誰かがまいた猫のエサ、チョコレート、薬などが落ちています。

悲しいけれど、これは実際に私が西宮市内を散歩中に目撃したものたちです。

うちの犬にとって、におい嗅ぎは拾い食いの前兆。

どんなに気をつけていても、気づいたら口をクチャクチャしている犬に、気が休まることがありませんでした。

見た目でわからないところも、除草剤や農薬などの心配もあります。

安心してにおい嗅ぎさせられる場所なんて、正直どこにもないんですよね。


2. オシッコをさせたくないから

の中、犬が大好きな人ばかりならいいけど、そうじゃない人からしたら犬のオシッコなんて不快でしかありません。

だから、私は散歩前にオシッコをするようにしつけの練習を始め、散歩中にオシッコをしないようにしています。(まだ未完成ですが。。。)

犬が散歩中にオシッコをしないと、散歩がすごく楽です。

水をかけているスキに犬が拾い食いしたり、うろちょろして危ない目にあうことがないので、お散歩中の不安が1つ減りました。


3. 感染症や寄生虫のリスクを避けるため

いている時よりも、におい嗅ぎのほうが体は地面に近くなり、夢中になると伏せに近い姿勢になることも。

砂地だけでなく、草むらや茂みにも、遠慮なく頭をつっこんでにおい嗅ぎをすることもあります。

におい嗅ぎをするだけで、普通に歩くよりも感染症や寄生虫のリスクが高くなるってことです。


【におい嗅ぎは最低限に】

は、散歩中うちの犬にはどうしているかと言うと、心配なものが落ちていない場所、かつ、万一オシッコをしても問題ない場所で、ほんの数分だけにおい嗅ぎをさせる程度です。

もし拾い食いをしない犬だったら、もう少し寛容にしていたかもしれませんが。。

ただ、におい嗅ぎをしないからと言って暴れるわけでも、散歩から帰りたくなくなるわけでもありません。

おそらくですが、におい嗅ぎは本能行動なので、すればするほど興奮し、興奮することで犬は不安定になって、飼い主の言うことをきかなくなると思うんですよね。

逆に、それを抑制すれば、犬のメンタルが安定して、自宅でも落ち着いて過ごせるメリットがあるのでは、というのが今のところの私の考えです。

ただ、うちの犬はもっと小さい時期に自由にさせていたので、においの経験値があるというのは大きいかもしれません。

そのあたりの見極めは、飼い主さんにかかっていると思います。

犬は犬らしく、というのが犬の幸せだと考える人と、人間社会に生きる以上は人間の生活に合わせたしつけをするほうが犬は幸せだと考える人の両方がいます。

私はどちらかというと後者ですが、前者の気持ちもよくわかります。

どちらも、偏りすぎると結果的に犬につらい思いをさせることにつながってしまうので、バランスよく考えたいものですね。(それが難しいのですが。。)