じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【子犬に疲れたら】育犬ノイローゼの原因と対策をご紹介します

は、子犬をおうちにお迎えして1週間で育犬ノイローゼになり、大変だったことを下の記事に書きました。

【体験談】育犬ノイローゼになった私の大変だったエピソード

この記事では、その時の経験とその後に学んだことを通して、育犬ノイローゼになる原因5つと、解消するための考え方をまとめてみました。


【育犬ノイローゼになる原因】

1. 犬に期待しすぎ

イレを失敗するのも、噛むのも、犬にとったら自然な行動。

「なんでできないの!」「どうして噛むの!」とかじゃないんです。

犬はそういう生き物だから。

それを人間の都合よく生活できるようにするのが「しつけ」なのです。

「ダメでもともと、ちゃんとしてくれたらありがとう」くらいの気持ちでいないとしんどいです。


2. 犬のいなかった時と同じように暮らそうとしている

を飼ったのに、犬を飼う前と同じように家事をこなし、自分の時間を持つのはなかなか難しい。

犬を飼う大変さは、人間の赤ちゃんを育てるのとそう変わらないと思います。

なので、しばらくは家事など手を抜けるところは抜いて、犬との生活に慣れることに専念するべき。


3. 犬に気をつかいすぎ

を飼い始めた時は、かわいいからついかまいたくなります。

「おなかはすいてないかな」

「退屈してないかな」

そうやって飼い主が犬に気をつかえばつかうほど、犬はどんどんわがままになっていきます。

人間が犬の機嫌をとるようにチヤホヤするのではなく、犬に人間の生活に合わせてもらうようにすることが大切です。


4. 犬のお世話を1人で抱え込んでいる

ちの場合は、私が1人で背負い込んでしまったのですが、夫からは

「手伝ってほしいことは、ちゃんと伝えてくれないとわからない」

と言われました。

言わなくてもわかってほしい、というのは無理な話で、伝える努力もせずに不満ばかり募らせるのは、自分勝手だったなと反省しました。

今は、何をどのように手伝ってほしいか具体的に伝えて、夫に家事も犬のお世話も協力してもらっています。

犬も、そんな人間模様を観察しています。

愛犬と穏やかに暮らしたいのであれば、人間が穏やかに暮らす見本を見せなければいけません。

どうすれば自分が穏やかでいられるのか考え、行動することが大切です。


5. 犬のしつけをネットに頼っている

「わからないことはネットで調べればいいや」と思っていたら、しつけは失敗します。

私自身、ネット情報に左右されてすごく困惑しました。

犬種も、性格も、月齢も、シチュエーションは全然ちがうのに、ネットでは情報として一緒くたに出てきます。

初心者が正しいしつけをそこからチョイスするのは難しいのです。

また、説明が省かれていることも多く、根拠がわからないので、自信を持って犬に接することができません。

そんな飼い主の自信のなさは犬にも伝わります。

1冊でもいいので、犬の習性を踏まえたしつけの本を買って、少しでも知識をつけるべし。


【育犬ノイローゼを解消するために】

前を呼んだらすぐに来てくれる。

いつでも後ろをついてきて、甘えてくれる。

ふとんやソファで一緒にくつろぐ。

トコトコと楽しくお散歩する。

そんな生活を夢見て、みんな犬を飼い始めると思うんですよ。

私もそうでした。

でも、実際はこうです。

噛む犬

名前を呼んでも知らんぷり。

部屋で放てばぐるぐると走り回り、制止すると噛みつかれる。

ふとんやソファは噛みちぎってボロボロに。

散歩に出れば、あっちこっちに引っぱって、ろくに歩かない。

ああ、こんなはずじゃなかったのに……。。。

私は後に家庭犬トレーナーの資格をとって、思いました。

こんなはずじゃないと思うのは、犬のことをよく知らないからだ、と。

今まで自分が思っていたのは、ファンタジーだった。

でも、それは努力次第で現実になります。

育犬ノイローゼになったのは、そのやり方と必要な労力をわかっていなかっただけです。

まずは、メンタルを整えるためにしっかり睡眠時間を確保すること。

そして、犬の習性やしつけについて学ぶこと。

育犬ノイローゼを解消するには、これしかありません。

でも、逆に言えば、これだけなんです。

子犬の成長は早いです。

1週間単位で状況は変わりますし、できなかったことが急にできるようになったりもします。

どうかそんなステキな瞬間を見逃さないよう、大変さばかりじゃなく、犬のいいことにも注目してあげてくださいね。

それでもしんどい時、犬を嫌いになってしまった時の体験談を下の記事に書きました。

↓こちらも参考までにどうぞ。

飼い犬を嫌いだと思った時にすべきこと