【私の口コミ】RADICA 犬用ドライブベッド&キャリーで愛犬との快適なお出かけが実現しました

radica ドライブベッドキャリー

のうちに愛犬と一緒に旅行に行けたらな〜、なんて思っています。

そのためには、車に慣れてもらわなければ・・・と、時々車でお出かけをしますが、今まではクレートでお出かけしていたので、移動が大変でした。

車に据え置きできて、愛犬も落ち着いて寝転べるものがあればいいな・・・と思っていたら、みつけました!

それが、この記事で紹介するRADICA(ライディカ)の犬用ドライブベッド&キャリーです。


【犬用ドライブベッド&キャリーとはこんな商品です】

犬用ベッドがそのままバッグに

radica ドライブベッドキャリー

犬用ベッドに持ち手がついたような、ふかふかのバッグです。

素材は、コーデュラというもので、アウトドアジャケットみたいな質感・・・?

丈夫なナイロンって感じです。

クッションは裏表でちがう生地になっています。

これを底に敷いて使います。


車に固定できる

面には、バックル付きのベルトがついています。

シートベルトを通すループもついているので、しっかりと座席に固定することができます。

犬は、底面から出ているベルトのナスカンに固定します。

車の中で犬が動き回る心配がなく、安心です。


メッシュの巾着付きでキャリーにもなる

ッシュの巾着がついているので、犬を包んでキャリーとしても使えます。

ただし横幅がかなり大きいので、ホームセンターなどのせまい通路は厳しいと思います。

底面がやわらかいので、伏せの状態でないと犬が安定せず、持ち運びにくいです。

耐荷重は7kgですが、6kgのうちの子を入れるとかなりずっしり感じます。

ちょっとの移動ならいいけど、抱っこのほうが楽ですね。

メッシュにはファスナーがついていて、取り外し可能です。


【実際に使ってドライブしてみた】

ずは、いつも過ごしているリビングにしばらく置いて、慣れてもらうとこから始めました。

最初は警戒していましたが、2〜3日で上の写真のように中に入るようになりました。

radica ドライブベッドキャリー

警戒心もとれたところで、車に装着。

まだ車にもそんなに慣れてないうちの子ですが、見たことあるベッドだとわかってくれたのか、暴れることなく入ってくれました。

この日は20分の距離にあるホームセンターへ。

最初は落ち着かず、においをかいだり、外に見える人に吠えたりしていましたが・・・

radica ドライブベッドキャリー

帰る時には、すっかり諦めたのか慣れたのか・・・寝てくれました!

車でゆっくり寝られるようになったら、もう少し距離を伸ばしても大丈夫だと思うので、本当に嬉しい。

寝てくれるなら、メッシュをしておいたほうがより安全なのかな、と思います。


【お出かけが楽しみになりました】

番安全なドライブは、犬をクレートに入れることなんですが、クレートは車に固定できないので、それはそれで心配でした。

また、クレートだと犬の様子がわかりにくかったので、うちの子が車酔いして吐いた時にすぐに対処できなかったんですよね。。。

このベッドは運転にも支障が出ないし、犬の様子もわかるし、犬もリラックスして車に乗ってくれるので、すごく気に入っています。

犬とどこにお出かけしようか、考えるだけでもワクワクします。

気になっている方、ぜひチェックしてみてくださいね。