じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【実録】愛犬の下痢・軟便を動物病院に診てもらったらいくらかかる?

クレートの中の犬

ちの犬は、うちに来てからたびたび軟便を繰り返してきました。

お散歩で出会う人には、人間用のビオフェルミンを与えているという人もいましたが、自己判断では原因の特定が難しく、症状を悪化させる恐れもあります。

本当に愛犬を大切に思うなら、早めに動物病院に行くべきと私は考えます。

ということで、この記事では、実際に軟便・下痢で動物病院にかかったら費用はいくらかかったか、参考までに書いておきたいと思います。


【うちの犬の軟便はゼリー状でした】

なみに、うちの犬の軟便はどんなだったかというと・・・

(後ほどイメージ画像が出てきます。ご注意ください。)

・ティッシュでつかんでもつかめないほどのやわらかさ

 

・トイレトレーのメッシュにへばりつく

 

・ゼリー状、トゥルッとした感じ

 

・量は多め

という感じです。

イメージ図を描いてみたものが下の画像。

本物の写真の方が伝わるとは思ったんですが、配慮してイラスト描きました。汗

犬の軟便 イメージ図
思ったより上手に描けすぎました・・・。汗

ウンチの輪郭がぼやけていて、まとまりがない状態でした。


【動物病院でかかった費用】

日様子を見ましたが、おさまらなかったので、ウンチを持って動物病院に行きました。

糞便検査の結果、悪い菌や虫は見つかりませんでした。

犬のウンチがゼリー状の時は、大腸が炎症を起こしていて、粘膜がはがれているためだそう。

念のため、抗生剤の注射をしていただき、薬で経過観察してください、とのこと。

かかった費用は、以下の通り。

軟便時の領収書

再診料:500円

下痢止め・抗生剤:2000円

糞便検査:500円

内服薬:1900円

消費税(2022年1月現在):490円

 

合計:5390円

動物病院に行くといつも万越えするイメージだったので、まだ安く思えます。汗

疑問に思うことをお医者さんに聞けるし、検査で悪いところがないか確認できるので、自分の精神的負担は病院に行く前よりもかなり軽くなりました。

薬で症状もおさまり、ひと安心。

費用はかかりましたが、ヤキモキするほうが自分にはつらい。

自己判断にしないで動物病院に行ってよかったです。

でも、愛犬の体調に気をつければ、こんな費用はもっと削減できるはず。

もっと犬の健康管理をきちんとできる飼い主になれるよう、これからも勉強していきたいと思います。