じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【生後7ヶ月】散歩がうまくいかない犬に「ワンステップストップ」でリーダーウォークのトレーニングを始めました

後7ヶ月にさしかかる頃、犬の問題行動がいろいろと出てきました。

特に毎日のお散歩は、歩かない・引っぱる・他の犬に飛びかかる、と、私にとってはかなりストレスの大きいものになっていました。

反抗期とも言われるこの時期に犬のわがままを許してしまったら、一生わがままな犬になってしまうのでは。。

焦りを感じた私は、いろんなしつけの本を読み漁りました。

そんな中、「リーダーウォーク」を知り、ダメ元で犬に教えることにしました。


【ワンステップストップとは】

ーダーウォークとは、犬がリードをゆるんだ状態で歩くこと

引っぱりまくりのうちの犬が、少しでもそうなってくれたら嬉しいな、と。

ワンステップストップとは、動き回る犬に有効なリーダーウォークのトレーニング方法です。

直訳すると「一歩進んで立ち止まる」ということ。

犬は飼い主の動きに合わせなければいけない、という習慣づけをするために行います。


【ワンステップストップのやり方】

1. 犬を体の横につけて座らせる

初は室内で、犬が落ち着いた環境で練習します。

私はいつも犬を左につけていますが、右でも左でもやりやすい方でいいです。

ただ、どちらかに決めることで、足さばきやリードさばきがよりスムーズにできるメリットはあります。

リードの輪の部分を右手で持ち、左手で犬の動きを制限できるほどの長さでリードを持つと、犬が勝手に動くような時に制止しやすいです。

犬が動き回って座らない場合は、座るまでその場に立って動かないようにします。

最初はコマンドで座らせてもいいです。


2. 犬が横に座ったら一歩前に出て立ち止まり、犬も合わせて前進させ、再度座るまで待つ

初は全然スムーズに座らないですが、根気よく続けることが大切。

そのうちに犬も「飼い主が立ち止まったら座らないといけないんだ」と学びます。

上の動画には、反抗する様子が映っています。

それでも練習を続けたら、数分で下のように少しできるようになりました。

うちの子は食べるのが好きなので、おやつをつかってモチベーションを上げてます。

ただ、おやつをつかったトレーニングばかりすると、おやつがなければ言うことをきかない犬になってしまうことも。

慣れてきたら徐々におやつをやる回数を減らして、声や表情で褒めてあげるようにするのがいいです。


3. 歩数を増やして、飼い主が立ち止まれば犬も座るというクセづけをする

とは、飼い主が立ち止まったら犬も座る、というクセづけができるまで根気よく練習あるのみ。

室内でうまくいったら、お散歩でも実践します。

うちの犬は、ちょっと甘くすると途端にできなくなるので、お散歩中は終始トレーニングするようにしています。

人にぶつかったりしないように周囲に気をつけることも大切です。


【信号待ちでおすわりをする犬になりました】

の記事を書いている時点でトレーニングを始めて2ヶ月ですが、最近は信号待ちで自然におすわりをしてくれるようになりました。

私も嬉しいし、信号待ちをしている他の人にも安心感を持ってもらえるので、頑張った意味があったなと思います。

まだまだ誘惑に負けることも多いですが、犬も頑張ってくれてるのを毎日感じて、その犬を見て愛情がどんどん深まっています。

トレーニングにそんな効果があったとは。

ぜひ、お散歩で悩んでいるかたに試してみてほしいと思います!

ちなみに、このトレーニングをするのに参考にした本は、こちら。

リーダーウォークのやり方が写真つきでのっているので、すごくわかりやすいです。

参考にしてみてください。

また、私の体験談を交えてリーダーウォークの方法とポイントを下の記事でご紹介しています。

↓こちらもぜひご覧ください。

【生後7〜9ヶ月】私が犬に対して行ったリーダーウォークの方法と早く覚えさせるコツ