【私の口コミ】フレキシ 伸縮リードを使ってみてわかったメリット・デメリット

フレキシ 伸縮リード

っかくお散歩に行くなら、犬をのびのびと歩かせたい。

そんな気持ちで伸縮リードを選ぶ飼い主さんは少なくないと思います。

私自身も、そう思っていたのですが、実際に使ってみてメリットとデメリットを感じました。

この記事でご紹介したいと思います。


【フレキシの伸縮リードとは】

フレキシ 伸縮リード ボタン

が購入したのは、伸縮リードの一大ブランド、フレキシのもの。

お散歩に使うものなので、信頼できるメーカーのもので、安全性を重視したいなと思い、これにしました。

操作自体は簡単で、犬が引っ張ればリードが伸び、ボタンを押せばリードが固定されます。

ボタンをスライドすると、指を離しても固定されたままになります。

フレキシ 伸縮リード コード

8mのコードタイプです。(テープタイプがあるのを知らなかった。。)

コードタイプは周りからも見えづらいし、万一体にからまった時に危ないので、テープタイプを強くおすすめします。


【伸縮リードのメリット】

れでは、実際に使ってみたメリットをご紹介します。

犬をのびのび散歩させられる

の行動範囲が広くなるので、ふつうのリードよりも犬を自由に歩かせられます。

飼い主が多く歩かなくても犬が勝手に走り回るので楽です。

ボールやフリスビーを使えば、犬をたくさん走らせられます。


巻き取りがスムーズ

き取りが自動なので、手間がありません。


片手で取り扱いできる

手で操作できるので、取り扱いが簡単です。


【伸縮リードのデメリット】

記のように、メリットはあるのですが、それ以上に私はデメリットのほうが大きいなと感じています。

それが以下の内容です。

犬の拾い食いや事故を阻止しづらい

の動画は、フリスビーを投げたのに、そばにあったものを拾い食いするうちの犬です。汗

伸縮リードだと、犬を瞬時に引っぱることができないので、拾い食いや、思わぬ事故を阻止することが難しいです。

コードタイプは遠くから見えづらいので、自転車や人が間を通り抜けようとすることもあるかもしれません。

周囲への注意が必要です。


思わぬケガにつながる

自身、まだ慣れていない時にうっかりコードをさわった状態で巻き取ってしまい、指をヤケドしてしまいました。

また、犬同士で遊ばせた時に、ぐるぐると足の周りを縛られる形になり、ひやっとしたことがあります。

人間だけでなく、犬にもケガのリスクがあるので、気をつけながら使わないといけません。


コードがいっぱいに伸びるタイミングがわからない

ードの終わりがわからないので、長さいっぱいになった瞬間に突発的に引っぱられることになるし、犬にも衝撃を与えることになります。

衝撃でハンドルを落としてしまったら、伸縮リードが巻き取られるのできっと追いつかないし、犬が走って逃げて行くリスクもあります

私はコードがいっぱいにならない距離にいることにしていますが、伸縮リードを使う時は少し緊張します。


【伸縮リードは使う場所を選んで】

は以上のようなデメリットを感じたので、散歩で道を歩くのに伸縮リードを使うのはおすすめできません。

それに、鉄砲玉のようなうちの子にはとてもじゃないけど怖くて使えない・・・。汗

なので私自身は、広い公園で、人が周りにいない&近づいて来ない時に限って使用していますし、そういう使い方を推奨したいと思います。

うまく使えば、人も犬も楽しい時間が過ごせる伸縮リードなので、思わぬ事故やケガがないよう、気をつけて使っていけたらいいですね。