じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【体験談】実際に寝てみてわかった、犬と一緒に寝るメリットとデメリット

と一緒に寝始めて、もうすぐ1ヶ月になります。

この記事では、実際に寝てみてわかった、犬と一緒に寝るメリットとデメリットをご紹介します。

犬と一緒に寝るのってどうなんだろう?と迷っている人におすすめの内容です。


【犬と一緒に寝るメリット】

幸福感に満たされる

んわりとあったかい体温、体をあずけてくる犬の重み、犬のにおい……

そのどれもが愛おしくて、毎晩、幸福感に満たされながら眠りについています。


犬が起きる時間に合わせてくれる

ークルで寝かせていた時は、早朝に目が覚めるとバタバタと動くので、その音に起こされることもありました。

一緒に寝始めてからは、目覚ましが鳴るまで待っていてくれるので、朝起こされることがなくなりました。

(犬によって個体差があるかもしれません。)


家族としての一体感が感じられる

緒に寝始めてから、夫と私と犬が川の字になって寝ることもあり、家族としての一体感が感じられるようになりました。

そのおかげか、犬との意思疎通ができてると感じることも増えました。


【犬と一緒に寝るデメリット】

いて、デメリットをご紹介します。

ふとんについた毛の掃除が大変

ャックラッセルテリアは抜け毛がすごく多いので、特に大変。

毎晩のコロコロが日課になっていますが、ふとん掃除機が欲しいです。。

アレルギーが心配な方や、ダニ・ノミの不安がある人は、一緒に寝ないほうが無難です。


寝返りが打てない

ちの犬は、またの間に入って太ももの上に頭を置いて寝るのがお気に入り。

ただ、そうされると寝返りが打てないので、寝づらい時もあります。

(※体の小さい犬は寝返りで思わぬ事故になる場合があるので、一緒に寝るのはやめましょう。)

以上のように、デメリットもありますが、それ以上のメリットを私は感じています。

1日は24時間ですが、幸せと感じる時間が以前より増えたので、私は犬と一緒に寝てよかったなと思います。


【一緒に寝るにはしつけが必要です】

だし、犬と一緒に寝るにはしつけができていることが大切です。

わが家での犬と一緒に寝るための最低条件は以下の2点でした。

・犬がトイレを失敗しなくなった

・主従関係ができたと感じられた

これができてないと、ふとんにオシッコをされたり、日常生活でのわがままが助長される恐れがありますので、まずはしつけを頑張りましょう!

下の記事もよかったらご覧ください。

【体験談】いつから犬と一緒に寝られる?犬と一緒に寝るための4つの目安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA