じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【材料3つ】型紙不要で簡単!ダイソーのクールタオルハンカチで小型犬の濡らして着せる服を作ってみました

手作りの接触冷感服を着る犬

でも暑い、夏の犬のお散歩。

少しでも快適にできるように、ダイソーの濡らして冷える「クールタオルハンカチ」を使って、接触冷感の犬服を作ってみました。

保冷剤を入れて着せることができます。

型紙は使わず、手間を極力省いて、簡単に作れるものを考えました。

うちの犬は、小型犬で体重5〜6キロほど、普段4号の服を使っています。

肩周りが48cmまでの犬なら着せられると思います。


【材料】

ダイソー クールタオルハンカチと平ゴム

意したのは、ダイソーのクールタオルハンカチ(25cm四方)と2.5cmの平ゴムです。


【作り方】

1. ハンカチを7cm重ね合わせて縫い合わせる

真の点線の部分を縫います。

ぬいしろを多くとってしまうと窮屈になってしまうので、犬の肩周りに合わせて調整します。

重ね合わせる部分は7cmとしましたが、犬の胴の長さによって10cmまで調整できます。


2. 上に重なっているハンカチの角を中心を4cmほど開けて谷折りにする


3. 谷折りにした部分が内側にくるように折りたたみ、上から平ゴムの太さのスペースを開けて縫い合わせる


4. 上のハンカチの端を2cmほどつまんで、4cm開けた部分と縫い合わせる(下のハンカチは縫い合わせない)

メージしやすいように平ゴムを通していますが、後でもいいです。


5. 折り返し部分の中心から10cmのところを縫いつける(下のハンカチは縫い合わせない)

の部分が保冷剤のポケットになります。


6. 犬の首周り+2cmほどの長さに切った平ゴムを通して縫い合わせたらできあがり

ゴムの端は、ライターなどで炙ってほつれ処理しておきます。

平ゴムを縫い合わせたら完成です。

接触冷感の犬服 手作り

※追記

だけだと服が左右にずれてしまうので、お腹の部分にも平ゴムをつけました。

肩周りのサイズに合わせてつけています。


【愛犬に着せてみました】

手作りの接触冷感服を着る犬

から見た感じはこちら。

袖はないのでマントのような感じですが、風通しがいいので、熱中症対策にはいいでしょう。

保冷剤が入れられる手作りの犬服

胸の部分には保冷剤を入れることができます。

使用した保冷剤は7.5cm×10cmの、一般的なものです。

手作りの接触冷感服を着る犬

ハーネスをつけると、胴回りが体に密着します。


【バリエーションも楽しめる】

手作りの接触冷感の犬服

ゴムが余ったので、別の柄でもう1着作りました。

材料費550円で2着作れて、大満足。

これでこの夏のお散歩を楽しもうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA