じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【体験談】犬が足を引きずっていることに気づいたらすべきこと

足を引きずる犬

後7ヶ月の頃のこと。

犬の歩き方がどうもおかしい。

気になって、動画を撮影しました。

この記事で、犬が足を引きずるのに気づいた時にどうするべきか、体験談を交えながらまとめてみたいと思います。


【犬が足を引きずる原因】

が足を引きずる原因はたくさんあります。

ざっくりと書くと下のような感じですが、「など」の部分がめっちゃ多いと思ってください。

・足の病気

椎間板ヘルニア、パテラ(膝蓋骨脱臼)、レッグペルテス症(大腿骨頭壊死症)など

 

・足の外傷

肉球や爪、指のトラブル、骨折など

 

・仮病

放っておくと歩けなくなる重大なものから自然に治るものまで、いろんな原因があります。

犬種によってなりやすい病気があったり、加齢に伴って出てくるものもあるので、自分の犬にどんな症例が多いのか、あらかじめ確認しておくと、原因の特定に役立ちます。


【飼い主がすべきこと】

記のように、原因がいろいろあるので素人判断するのはすごく難しいです。

不安ならすぐに動物病院で診てもらうのが一番ですが、その前に飼い主にすべきことをまとめておきます。

症状の記録をする

院に連れて行くにしても、はっきりとした症状がわかっていたほうが診察がスムーズかと思います。

症状を確認した日時と、どんな症状がどれくらい続いたかを記録しておくことが大切です。

タイミングが合えば、動画を撮影できれば一番いいですね。


足に異常がないか確認する

をさわってみて、痛がるかどうか観察します。

痛がるようなら即病院へ行きましょう。


【仮病で足を引きずる場合】

て、私自身、犬が足を引きずる症状を見せた時に記録をし、足をさわって確認してみましたが、、

・足を引きずるのは寝起きだけ、伸びをしたらおさまる

 

・散歩中はふつうに歩いたり走ったりできる

 

・足をさわっても痛がるそぶりをしない

上記のように、病院に行くにしてもビミョウなところ。。

観察を続けましたが、数日で症状が出なくなりました。

生後7ヶ月で、自己アピールが強くなっていた時期だったので仮病だったのかな、寝起きで単に足がしびれてるくらいの感じだったのかな、と。

また症状がぶり返したら病院に行こう、と思いながら過ごして半年が経ちましたが、以来足を引きずることはないので、ほっと安心しています。


【日頃の観察と予防が大切】

は、関節の弱い動物です。

万一歩けなくなったら介護が必要ですし、足腰は丈夫でいてほしいところ。

日頃から犬をよく観察してふだんの歩行を見ておくこと、そして関節を痛めないような生活を心がけることが大切です。

床が滑らないようにする・高いところから飛び降りないようにする、などの予防を心がけることで、愛犬には末長く元気でいてもらいたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA