じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【体験談】「マテ」に我慢ができずごはんを食べ始めた犬を怒ってしまいました

日のこと。

その週は夫の夜勤が立て続けに入っていて、ワンオペ育犬の日が多く、おまけに生理で、疲れがたまっていた私は、すごくイライラしていました。

そんな時に限って、犬が言うことを聞かない。

蒸し暑い朝、重い体を引きずって出かけた散歩先でぐずつく犬にイライラがピークに。

うちは、ごはんを散歩の後にあげているのですが、あまりに言うことを聞かなかったので、長めに「マテ」をさせようと思ったのです……。


【マテが我慢できずに食べ始めてしまった犬】

さい頃から我が強く、噛みグセのあったうちの犬。

食べることが大好き、ということを利用して服従心を養うために、食事前の「マテ」は習慣になっていました。

ごはんよりも私や夫の顔を見てくれたら、「いいよ」と言って解除するようにしています。

それが、その日は目線がごはんに一直線。

そういえば、散歩中も私のことは知らん顔して、他の人に媚を売ろうとしてたな……。

思い出すと悲しくて、悔しくて。

「飼い主は私だよ?こっちの顔を見てよ……」と、イライラしながら犬を見つめていました。

ところが。

「いいよ」の声を待たずに、犬がごはんを食べ始めてしまった。

普通なら怒ったりしないのですが、その日はカッとしていしまい、机をバーンと叩いて、ごはんを取り上げてしまいました。


【犬の心にできてしまったトラウマ】

旦クールダウンしようと思い、そのまま部屋を離れ、数分後に戻って、もう一度サークルの中にごはんを出しました。

犬はごはんを出す私をじっと見つめていましたが、耳はぴっとりと後ろにはりつき、こわばっているような顔をしていました。

「いいよ」

と言っても、ごはんに近づこうとしません。

その時初めて、私は「やってしまった……」と思いました。

あんなに食べるのが大好きな子が、ごはんを出しても寄ってもこないなんて。

絶対におなかはすいているはずなのに。

私は、自分の一時のイライラのために犬の心を傷つけてしまったんだ、と、後悔しました。

泣きながら

「ごめんね、怖かったよね。ごめんね。。。」

と謝り、フードを手のひらにのせて見せると、こわごわと近づいてきて、やっとごはんを食べてくれました。

それでも、片足はクレートに入ったまま。

私は犬との信頼関係をぶち壊しにしてしまったのです。

数日経っても、ごはん前の「マテ」の後「いいよ」と言っても、しばらく食べるのをためらう様子が見えました。

大好きなごはんなのに、こんなにも怖がらせてしまって、私は本当にひどいことをしました。。。

これから時間をかけて、信頼を取り戻していこうと反省しています。


【これから改善すること】

省するだけだと、また同じことを繰り返してしまうのはいやなので、改善するべき点を考えてみました。

というのも、犬を飼い始めた当初に「育犬ノイローゼ」になりかけた時も、同じような精神状態だったからです。

【子犬に疲れたら】育犬ノイローゼの原因と対策をご紹介します

気づいたら、犬にかまいすぎてる自分がいるんですよね……。。

疲れがたまっている時は無理して散歩に行かない

ャックラッセルテリアは運動量の多い犬。

少しでもストレスなく暮らしてほしいと思うので、散歩はめったに欠かさないようにしてきました。

でも、今回のようにワンオペが続くと、やっぱり疲れるし、自分が楽しめないと犬にも逆にストレスを与えてしまうことに。

そういう時は、無理せず休む勇気を持とう、と思いました。


あえて離れる時間を作る

は専業主婦だし、犬のいるリビングが一番快適なので、四六時中犬と一緒に過ごしてます。

でも、それだと犬も分離不安になるリスクがあるし、自分もずっと犬のことを気にしてしまう。

それが知らず知らずに疲れとして蓄積してしまうのかも、と思いました。

時々はちがう部屋で過ごすなど、あえて離れる時間も必要だな、と思いました。


【それでもめげない犬】

は犬を飼う前はもっと情緒不安定だったので、犬にメンタルを鍛えてもらっているようなものです。

だから、犬には時々つらい思いをさせていることも正直あると思います。

それでも、めげずに、私についてきてくれる犬には感謝するばかりです。

それはうちの犬がジャックラッセルテリアだからなのかは、わかりません。

ただ思うことは、うちの子がこの子でよかった、ということ。

この記事を読んで不快になられた方がいたら、ごめんなさい。

自分自身、葛藤しながらの飼育ですし、飼い主として適した人間とも思いません。

でも、こういうことも書かなければ、正しい飼育を伝えることはできないと思ったので、記事にしました。

飼い主も犬と一緒に成長していけばいい、そうやって家族になっていくんだと、いろんな事件が起こるたびに実感しています。

最初から完璧な飼い主も、犬も、いないんですよね。

もしかしたら、肩に力が入りすぎていたのかもしれません。

幸い、犬は相変わらず私にくっついてきてくれますし、散歩中も言うことを聞いたり聞かなかったりと、今までと変わらずいてくれています。

「時々ヒステリックになるオカン」くらいに思ってくれていたらいいなぁとは思いますが、もっともっと、信頼できる飼い主になれるように、努力していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA