【犬のおもちゃ】100円ショップの材料で「ノーズワークマット」を実際に作ってみました

自作 ノーズワークマット

ャックラッセルテリアは、頭がいい反面、単純な遊びにすぐ飽きてしまうところがあります。

うちの犬も、小さい頃はタオル遊びに夢中だったのに、最近はタオルを出しても見向きもしなくなりました。。泣

そこで、鼻をつかった遊びをさせようと「ノーズワークマット」を調べてみたんですが、売ってあるものは安くても1500円。。。

せっかく買っても遊んでくれるかどうかは、わからない。

ということで、とりあえず100円ショップの材料で自作してみることにしました。


【手作りノーズワークマットの材料】

自作 ノーズワークマット 材料

意したのは、シンクマット(約31×24cm)とフェルト(約70×60cm)4本。

すべて100円ショップで購入したので、費用は550円でした。

シンクマットはお店に写真のようなものしかなかったんですが、穴が均一に開いたもののほうが作りやすいです。


【ノーズワークマットの作り方】

1. フェルトを短冊状に切る

ったフェルトは3等分にして、長さ20cmの短冊にすることに。

横幅は、細すぎると枚数が多くなるし、太すぎると作りづらいので、2〜3cmがベストだと思います。

フリーハンドで切りましたが、切るだけでも時間がかかって大変です。。

とりあえず、フェルト2枚分切って、ここまでで30分かかりました・・・。


2. フェルトをシンクマットの穴に通し、結び目を作る

真のように、フェルトを穴に通して結び目を作っていきます。

色はバランスよく配置できるように、交互に結んでいきました。

これがなかなか根気のいる作業。。。

犬のおもちゃを作ってるのに、当の本人は、かまってもらえずにふて寝してました。。。苦笑

1時間以上もフェルトを結び続け、間にコーヒーを淹れたり、テレビを観たり、挙句の果てに日をまたいで、やっと完成!汗

自作 ノーズワークマット

実際にかかった時間は全部で3時間ほどでしたが、あまりに大変だったので、1500円のノーズワークマットが逆に安く思えてしまいました・・・。笑

自作 ノーズワークマット 裏面
裏から見た写真です。

スキマがあると、フードがそこから下に落ちてしまうので、みっちりと詰めて作るのがポイントです。


【実際に犬に遊んでもらいました】

れだけ苦労して作ったので、ぜひ犬にも楽しんでほしい。。

願うような気持ちで、フードをしこんで犬に差し出したところ・・・

めっちゃ夢中でフードを探してくれてる〜!!!

食い意地のはったうちの子には、ノーズワークマットは効果的だったみたいです。

鼻をフンスンしながら、一生懸命フードを探す姿がかわいすぎて、感激。

苦労して作ってよかった〜!

フードがなくなると、一旦は見向きもしなくなりますが、そのまま放置していると今度はフェルトを噛んで遊び始めます。

誤飲のリスクがあるので、遊んだ後は必ず片付けることが鉄則です。


【犬が退屈そうな時におすすめです】

くら犬がおもちゃに飽きたからと言って、そうホイホイとおもちゃを買い与えられるわけでもない。

それでも、室内では刺激が少なすぎて、どうしても退屈になっちゃうんですよね。

ノーズワークマットを使ってみて、そんな室内でのマンネリが緩和されたような気がしました。

今では、忘れた頃に時々出してあげてますが、特に雨でお散歩に行けない時に大活躍です。

犬がおもちゃにすぐ飽きてしまう、とお悩みの方はぜひ試してみてください。

作るのが大変なので、私は買うのをおすすめします・・・。笑

懲りずにこういうのも作ってみましたよ。↓

ノーズワーク おもちゃ 自作【犬のおもちゃ】100円ショップのシリコンマフィン型で「にんじんノーズワークもどき」を自作してみました