じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【体験談】毛布やタオルを噛みちぎって食べてしまう犬への対処方法

犬がかじって食べた毛布

ちの犬は、ありとあらゆるものを噛みちぎり、最終的には食べてしまう。

歯が生えかわるまでは、歯がかゆいだろうからと大目に見てきたのですが、多分それがまずかった。。。

クレートの中に毛布やバスタオル、時にはフリースを入れて、寝床にしていたのですが、それも噛みちぎって、一部を飲み込んでしまうことが何度もありました。

この記事で私の体験談をご紹介します。


【なぜ犬は毛布やタオルを食べるのか】

が犬を観察していて気づいたのは、犬が毛布やタオルを食べるまでに段階があるということ。

放り投げて追いかけたり、引っぱったりして遊ぶ

飽きて座り込んでカミカミし始める

噛みちぎる

口の中でクチャクチャ噛んで飲み込む

というような流れです。

その時の犬の心理としては、

カミカミ!楽しい!

ちぎれる!おもしろい!

あ、いつの間にか飲み込んじゃった!

という感じでしょうか。

調べたところ、犬は一度おもしろいと学習したことをヘビーローテーションしてしまうそうな。

退屈しのぎで噛み始めたら、噛みちぎれておもしろいことを学習してしまった、ということですね。。

人間にとっては、毛布はおもちゃではありませんが、犬はおもちゃと毛布を区別することができません。

だから、「おもちゃは噛んでいいけど、毛布は噛んじゃダメ」というのは、犬には理不尽な要求かもしれません・・・。


【対処方法は、与えない】

は、一度噛みちぎることに快感を覚えてしまった犬に、どうすれば毛布やタオルを噛ませないようにできるか。

私の対処法はズバリ・・・

毛布もバスタオルも与えない!

です。汗

私も最初は「ふかふかの寝床で寝かせてあげたい」とか「取り上げたらかわいそう」とか思ってましたよ。

でも、何度も飲み込んでしまって、ウンチとして出てくるまで何度も心配な思いをして、ほとほと疲れました。

エアコンで室温管理しているなら、誤飲のリスクをとってまで毛布を与えるメリットはありません。

・・・ということで、クレートに入れていた毛布やバスタオルは撤去。


【その後の犬は】

はどうなったかと言うと、別に毛布やバスタオルがなくてもふつうに寝ます。笑

というか、トイレでもいつも寝てるくらいだし、まったく問題ないです。

寝る時は毛布は必要やろってのは、私の思い込みだったのね・・・。

トイレで熟睡する犬
トイレでも爆睡できるもんねぇ。。

その後、数週間経ったので、試しに寝る直前にクレートに毛布を入れてやると、嬉しそうにクレートに入るので

「やっぱりいるんかよ・・・」

と思った次第です。苦笑

毛布は毛布で気持ちいいんでしょうね。

なので、今は寝る時だけ与え、朝起きたら取り上げるようにしています。

今回の件で、飼い主には「犬をリスクから守りつつ、欲求をうまく満たしていく生活」が求められてるんだな〜と痛感。

元気な犬とずっと一緒に暮らしたいから、これからも学んでいきたいと思います。


【追記】

の記事を書いた当時は生後8ヶ月頃。

その後も、噛み始めたら注意する、取り上げるのが遅くて噛みちぎられてしまった時には、すぐに取り上げて目の前でゴミ箱に捨てる……など、かなりしつこく、厳しく、「ダメ」と伝えました。

また、かまってほしい時に噛んでいることに気づいたので、散歩でしっかり疲れさせることを意識しました。

あとは、噛みたい欲求を満たせるように、鹿の角など噛んでもいいものを与えました。

そして、やっぱり主従関係がないと注意しても聞いてくれないので、リーダーウォークを始め、主従関係を意識したしつけをしました。

犬が1歳になる頃にはサークルにタオルを入れていても、噛みちぎることがなくなったので、今では安心して与えられます。

あきらめずに伝えれば、犬はわかってくれるんだと実感しました。