じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【体験談】いつから犬と一緒に寝られる?犬と一緒に寝るための4つの目安

を飼ったら、一緒に寝たいと思う人は少なくないと思います。

私自身もそう思い、タイミングをうかがっていましたが、結局、一緒に寝ることができるようになったのは生後9ヶ月の終わり頃でした。

以下に、体験談をまとめてみました。


【生後5ヶ月の犬と一緒に寝たら布団にオシッコされた】

を家にお迎えして2ヶ月後、生後5ヶ月で一度、一緒に寝たことがあります。

その頃は、やっとサークルのトイレを覚えたかな?というレベル。

主従関係もさほどできてなくて、叱れば噛みついたりするような感じでした。

ふとんに入って寝て、深夜3時頃。

ごそごそと動き回る犬。

その時は気づかなかったんですが、朝起きて見てみると、掛け布団の上に大きなシミが。。

犬がふとんにオシッコした場所

あわててコインランドリーに持って行ったんですが、やっぱりオシッコしちゃったか〜と思いましたね。。


【犬と一緒に寝るための4つの目安】

の後、一緒に寝るための4つの目安を考え、それが叶ったら一緒に寝ようと思いました。

トイレのそそうをしなくなった

ファーのクッションの上でオシッコしてみたり、寝室でくつろぐかな〜と入れてみたら、またも掛け布団でオシッコしてみたり。。

その都度、だまってサークルに強制送還。

それがなくなったな〜と思ったのが、生後9ヶ月の終わりでした。


成長してトイレの回数が減って安定した

初に失敗した、生後5ヶ月の頃はまだまだトイレの回数が多かった時期。

生後9ヶ月になって、トイレの回数が減り、時間帯も安定

「いつ頃トイレする」というのが読めるようになったのは、1つの安心材料ですね。


クレートでも寝られる

と一緒に寝ると「分離不安」になるのでは?という懸念もあります。

うちでは、クレートで落ち着いて寝られるように、サークル内にクレートを入れベッドとして使ってきました。

留守にする時は犬をサークルに入れてますが、サークルにいる時はクレートで寝ているようです。

そんな感じで、犬が1匹で過ごすことにも慣れているので、分離不安になるリスクは減らせていると思います。

クレートに慣れていれば、災害時にも対応できます。


主従関係ができてきた

前は、部屋に放すと家具をかじることが多かったです。

犬が「どこまでが許されるラインか」というのをはかる、いわゆる反抗期ゆえの行動だと思いますが、トイレ以外にオシッコをするのも、同じ理由だと思います。

「ここで甘くしたら最後」と思い、主従関係を結べるよう、お散歩や日常の接し方など、いろいろと改めました。

気づいたら、家具をかじることが減ったし、意思疎通もできてる実感が持てるように。

主従関係ができてきたんだなと思ったのが、生後9ヶ月終わりでしたね。


【一緒に寝るにもしつけは必要】

上のように、うちの犬の場合は生後9ヶ月の終わり頃から、一緒に寝られるようになりました。

一緒に寝始めて感じたのは、犬のメンタルがすごく安定したな、ということ。

朝早すぎる時間に起こされることもなくなったし、起きてすぐに私の顔を見てバタバタ騒ぐこともなくなりました。

結局、ひとりぼっちで寝るのが寂しかったんだな、と思わなくもないですが、上記のようなしつけは最低限必要だったとも思います。

メリハリのある関係性が、理想のドッグライフには必要だなと感じた出来事でした。

その後、2週間ほど一緒に寝てみた結果……主従関係が逆転したと感じる出来事が。。

下の記事もぜひ参考になさってください。

【体験談】犬と一緒に寝始めて2週間、犬との主従関係がくずれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA